離婚式プランナーから学ぶ、常識をひっくり返す方法

バンド運営

離婚式プランナー

本日2018/02/04の日経新聞朝刊に良記事が載っていたので共有しておきます。

夫婦の別れ 前向きに
「旧郎旧婦の最後の共同作業です!」。夫婦関係解消を決めた男女が、「独身に帰る」というシャレが込められたカエルを模したハンマーで結婚指輪をたたき潰し、仲人改め「裂人(さこうど)」ら参列者が拍手を送る。「離婚式」の発案者でプランナー、寺井広樹さん(37)は500組以上の司会を務め、夫婦の別れを見届けてきた。当初は20~30...

※有料会員でしか見れないかもです。

一見音楽とは関係なさそうですが、離婚式発案者の寺井広樹さんの記事です。

離婚式とは、文字通り離婚を行う男女の門出を見送る会です。結婚式と同様に、参列者もいます。最後はこの「独身に帰る」ハンマーで結婚指輪を叩き割るみたいです。

いい笑顔ですね。

何事もプラスの側面をみる

これってかなり大事だと思うんです。

離婚って一見不幸で社会的によろしくないかと思われますが、そんなマイナスなイメージがあることだからこそ、笑っていたいですよね。

離婚以外にも人生うまくいかないことって誰しもあると思いますが、落ち込むより笑った方が幸せですよね。

それは頭ではわかっているのですが、自分がそういう状況になると怒ったり落ち込んだりしてしまうものです。

例えばグループで音楽活動していても、「審査で落選してしまった」とか(去年ありましたね)、「あいつが練習してこない」、「ライブの集客できなかった」、とかいろいろうまくいかないことありますよね。

でもそんなときこそ、「いい経験ができた」とか、笑って前向きな発想ができる人は強いなぁと。

私も常識にとらわれず何事もプラスにとらえて、音楽を通してみなさんを笑顔にできたらいいなぁと感じた記事でした。

 

【関連記事】

【悲報】音源を加工して審査に出した結果
応募してみた Japan Acappella Movementという、有名なアカペライベントに応募してみました。 その通称JAMというのは、「うまい」とされるグループしか出られないので、アカペラをやっている人にとっては、憧れの舞台み...

コメント