【アレンジ解説】Be HAPPY with HOPPY(ホッピービバレッジ)

今日のアレンジ

今日の解説はこれ。ハッピーになる動画ですね。

Be HAPPY with HOPPYです。

この曲、何かというと、ホッピーの歌です。ホッピーを作っているホッピービバレッジさんが、発売70周年記念に作った曲で、それを歌わせていただきました。

ホッピービバレッジのCEO、広告塔、そして人材育成のエキスパートである石渡美奈のページ。ブログ「iMina」やラジオ番組「看板娘ホッピー・ミーナのHOPPY HAPPY BAR」、著書紹介など。

先日あるイベントで社長とお話させていただき、カバーさせていただきました。その時の話はこちらから。

一味違ったステージ 2018/11/7、また変わったライブ(?)で歌わせていただきました。 多くのアカペラグループでは歌ったことがないであろうステージに積極的に出ていくスタイル。 ここで歌いました。 メンバーとセットリスト 上の写真でわかる通り、Jouney旅Boyが仕事で都合がつかなかったため、お世話になりっぱなしの...

どこでどう人とつながるかわからないものですなぁ~。

全体の印象

原曲はさわやか爽快にって感じですが、そこを変えました。

6人グループでパーカスありならまだいいのですが、カメレ音楽隊は4人なので、典型的なJ-POPみたいなサウンドを作るのが難しいのです。

ということで、ゆったりリラックスするような、落ち着いた雰囲気としました。「あぁ幸せだなぁ~」とふと何気ないなかで感じられるような、そんな感じをイメージしました。

いつものやつ

私が多用するコードなのですが、Ⅶ♭です。この曲はキーがCなので、B♭です。

ここの一番右です。

C→G→Am→B♭(厳密にいうとB♭ ♭5 add6??)

最初の方ですし、インパクトも残したいな~と思ったので、きれいなB♭にはならない和音としています。

ホッピー感

この原曲を聞いて、一番感じたのが、

「全然ホッピーと関係ないやん!!」

ってことでした。

一応「Be Happy with Hoppy」という歌詞は出てくるのですが、ほんとに一瞬で、普通のJ-POPで、ホッピーと関係があること自体、下手したら気づかない可能性がある曲でした。

なんで、私のアレンジとしては、フレーズを作っちゃいました

「ダサいじゃん」と批判されることを覚悟で付けました。これです。

たぶん、原曲であまりホッピー押しではないのは、クールに決めたかったからだと思うのですが、私が思うに、こういう曲はダサくていいと思うんですよ。

ホッピーとか特に、かっこつけずにみんなで笑顔で楽しく飲めればいいと思うんです。

なので、ちょっとダサいですが、付け加えています。ほ~~~ぴ~~~~~。みなさんも歌ってくださいね!

シンプルに

あとは特別工夫したところはないのですが、強いて挙げるなら、なるべくシンプルにしました。

意図としては、こんな感じ。

  • ストレートな歌詞なのでシンプルが一番。凝ったアレンジはしちゃダメな曲。
  • あわよくば、ホッピーの会社の人にも歌ってほしいので、かんたんに。

だから二番も大胆にカットしてます。

【関連記事】

アレンジ解説の記事はこちらからどうぞ。

「アレンジ解説」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告